結婚式に出席でお金を借りたいケース

急な引越しってありますよね。

 

転勤や単身赴任、新しい職場が遠方である場合や結婚で引越しする事もあります。体一つでポンと引越しできれば簡単ですが、荷物が諸々とついてくるんで面倒なんです。

 

さらに遠方や高層マンションから高層階への引越しは、引越し代の料金が割り増しになり高くなってしまいます。引越し代の見積もりで10万円なんて言われたら、見もふたもありません。

 

最近よく見かけるのが、引越しの一括見積りですがあれもどうなんでしょうか?紹介料を払っている訳ですから、幾分か高い様な気がします。

 

個人運営の引越し業者とかの方が、安い場合がありますね。

 

それにしても、万単位のお金が引越し代で消えていく事に変わりがないです。今すぐお金が必要なら取りあえず、新しい引越し先で必要な物はクレジットカードで、現金が必要な時はカードローンを利用しておくのも一つの方法です。

 

無利息サービスのあるカードローンを利用すると、次のボーナスで返済すれば利息が少なくておすすめですね。

 

 

引越しの段ボールが意外と高い

 

引越し代に段ボール料金があらかじめ入っている業者があったりします。キャッチコピーには段ボール何個まで無料とか記載されているけれど、段ボール有料の引越し業者との比較が必要です。

 

ただより怖い物はない!

 

引越しの料金比較は、全ての料金で比べてみた方がいいですね。段ボールが必要なら、段ボール料金を合算してください。

 

「段ボールなんてどうせ安いに決まってる」

 

なんて決めつけは禁物です。

 

自分で用意できるなら、引越しの段ボール集めをする事をおすすめします。

 

段ボール以前に引っ越し代がない方は段ボールはスーパーなどでかき集めて引っ越し作業を家族や友人に頼んでみては如何でしょうか?昔は頻繁に友人や知人の引っ越しを手伝う事がありましたが近年は少なくなってきましたね。でも背に腹は代えられないなら、引っ越しのお手伝いをお願いしてみるのも一つの方法です。

 

引越しを無事に終わっても、引越し先でもお金がかかるので余裕を持ってお金を用意したいところですね。何かと引っ越し先でごたごたしているとコンビニ弁当に頼りがちですが、すぐに台所用品を出せるように箱につめておくと良いですね。

 

段ボールに何を詰めたかマジックで目立つように書いておくと分かりやすいです。

 

単身赴任の引っ越し代の節約方法

 

急に転勤の辞令が出て家族がついてきてくれないと単身赴任になってしまいます。この時の引っ越し料金はどのくらい荷物を持っていくかで金額がかなり違うのです。少ない荷物で単身赴任をするなら1万円台で収まるところがありますが家電や家具などが入るとさらに高くなってしまいます。

 

車も単身先に持っていくならできるだけ車に荷物を積めるとか、家電や家具は赴任先で購入するとかで引っ越しの荷物を少なくできますよね。

 

引っ越しは市内ですと安いのですが県や海をまたぐと高額な料金になっています。単身赴任の引っ越しは仕事上の関係から休日に行う方が多いのですが、できれば引っ越し料金を安くするために平日を狙うといいですね。

 

平日の引っ越しはどこの引っ越し業者でも割引サービスをしています。そして最近多いのがWEB割引ですね。インターネットから申し込みすると数千円ほど割引になる引っ越し業者があります。

 

【今すぐお金借りたい】